プラグイン ( 拡張機能 ) ワードプレスの構築

WP Ping Optimizerの設定|Ping送信でスパム認定されないために

更新日:

ワードプレスの記事投稿・更新をした際に
Ping送信が行われます。

 

ここで問題となるのが、よりいい内容を伝えたくて
記事の更新作業を何度も繰り返すと、その度に
Ping送信も行われることになります。

 

これを頻繁に繰り返すと、更新のたびにPing送信となるので、
送信先のサーバーに負担をかけます。

そうなると送信先のサーバーから「スパム認定」されてしまい、
Googleの検索結果に影響が出ることにもなりかねません。

 

そこで、
今回紹介する「WordPress Ping Optimizer」は
新規投稿した時のみ Ping送信が行われる
プラグインになります。

せっかく書いた記事が、スパム判定を
受けないためにも導入すべきプラグインです。

 

 

それでは早速、手順を紹介します。

ダッシュボード(管理画面)にログイン後
左メニューから プラグイン新規追加 をクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

related postsの設定方法2

 

検索窓に
「WordPress Ping Optimizer」 と入力し
Enterキー をクリックし検索実行。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer1

 

「WordPress Ping Optimizer」が表示されれば
今すぐ インストール をクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer2

 

画面が切り替わり
有効化する をクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer3

 

有効化されたことを確認し設定していきます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer4

 

左メニューから
設定WordPress Ping Optimizer を選択

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer5

 

以下画面のページが表示されます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer6

 

空欄にPing送信を行うURLを入力していきます。

 


※現在、有効な Ping送信先 については記事下に
記載しますので、活用してください。

 

「Enable pinging」は
Ping送信を有効化することができますので、
必ずチェックを入れておきましょう。

すべての入力が終了したら、Save Setting をクリックします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer7

 

Limit excessive pinging in short time」は
同じPing送信先に複数 更新情報を送ってしまうと、
スパム扱いされる恐れがあります。

ここをチェックすることで何分以内に何回ま
で更新情報を送信できるかを設定できます。

頻繁に更新情報をあくる人でない限りは必要ありません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer8.1

 

上記、Save Setting をクリックし設定が完了したら
以下の画面が表示されます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

WordPress Ping Optimizer9.1

 

 

以上で設定は終了です。

 

あとは記事を書いた時に投稿すれば
設定したPing送信がされますので特に
何もすることはありません。

 

Ping送信のログも管理画面で確認できます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

WordPress Ping Optimizer10

 

緑文字がping送信がされたもの、赤文字がPing送信失敗です。
赤文字にていては、Ping送信先は使えなくなっている、
若しくは、一時的なエラーの可能性もあります。

 

ですので、そのPing送信先が常に赤文字で
表示されるようなら設定から削除しましょう。

 

以上で、
「WordPress Ping Optimizer」の設定は終了です。

 

最後にPing送信先はこちらをクリックして、
コピー&ペーストしてお使いください。

⇒ 有効なPing送信先一覧

 

 

この記事が参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

-プラグイン ( 拡張機能 ), ワードプレスの構築
-, ,