お役立ち情報

自宅でのホワイトニング 3つのオススメ方法とは

投稿日:

芸能人は歯が命!

昔、そんなフレーズが大流行しました。

 

やはり白い歯って健康的なイメージで
強く印象に残って良いですよね♪*゚

 

もちろん口腔衛生上も良いです♪*゚
むしろ見た目よりこっちのほうが大事です。

 

齒 ( 歯茎 ) も年齢と共に衰えて
今の健康指針では8020運動といって

80歳で20本の自分の歯を残そうって
やっていますね。

 

そのためには普段からのケアあが一番大事。

私も定期的に歯垢除去など
定期チェックも兼ねて歯医者さんには通っていますが

 

今回は白い歯を得るために
3つの自分でできるデンタルケアについて
お伝えしていきますね(o^-')b グッ!

 

1つ目

歯ブラシを定期交換する

 

歯ブラシはいつ変えればいいの?
こんな疑問が湧いてきます٩(ˊᗜˋ*)و

歯ブラシの交換時期ですが、まだ使えると想って
半年とか使い続けていませんか?

毛先が広がったら交換と言われていますが
1か月毎とか2か月毎に交換すると決めて
新品に交換すると良いです。

毛先が広がることをその時期にしていると
歯ブラシ自体の弾力がなくなり
十分な歯磨き効果を期待できません。

また歯と歯茎の間の歯周ポケットに
毛先が入らずに歯垢を残すことになり
歯周病の原因となってしまうことになります。

まだ使えると想いつつもその効果を期待できなくなる以上
思い切って交換しましよう。

先程もお伝えしたように
2か月毎に交換すると決めて

偶数月の毎月1日は歯ブラシ交換の日と
しておくとわかりやすいですね(o^-')b グッ!

 

2つ目

歯磨き粉はホワイトニング効果のあるものを使う

 

歯を白く健康に保ちたいなら
ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使いましょう。

これは研磨剤が入ったタイプで
歯の表面の汚れを削り取ってくれます。

これは歯を白くするというよりは
表面の汚れを削り落とすので、歯本来の白さが
出てくるということ。

 

普段から汚れ落としが出来ているなら
ホワイトニング効果の歯磨き粉は使わなくて良いですよ。

 

3つ目

歯磨きはローリング法で磨く

 

歯の表面の汚れを落とす
歯ブラシのブラッシング方法は

 

歯ブラシを歯ぐき側から歯の先端部分に向けて
「クルッ」と回す、ローリング法という方法で
磨いていきましょう。

 

歯茎の歯周病の予防には
歯周ポケットを意識して毛先を差し込むイメージ。
歯ブラシを細かく横にスライドさせて磨く
バズ法を使ってケアしていきます。

歯と歯の間は
フロスも使ってクリーングしていくことが
大事になります。

既に歯石となっている場合
ご自身で無理に削り取ろうとせずに

歯や歯茎のチェックも兼ねて
歯医者さんにいかれることをおすすめします。

普段から自分でできることを実施して
年齢を重ねても健康的な自分の歯で
食事を楽しめるようにして行きましょうね*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

-お役立ち情報
-, , ,

Copyright© 感謝の心で上手くいくネットビジネス , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.